SES企業がフリーランスエンジニアに向けた情報を発信!

フリーランスエンジニアでも賃貸契約物件は契約できるのか?審査は?

こんにちは!未経験フリーランスエンジニア.com運営部です。

今日はフリーランスエンジニアの賃貸物件の契約についての記事です。

正社員でないフリーランスが賃貸契約ってできるの?

という疑問が出てきますが

実は…できます!

ここでは実際にフリーランスのエンジニアが賃貸物件を契約した例をご紹介します。

フリーランスの賃貸契約審査基準を公開!

「確定申告で所得を低くしたら家借りれるの?」と不安になるかもしれませんが、就業していれば特に問題はありません。
私の場合は高級レジデンスを借りる際に「3ヶ月分の振り込み履歴、支払い明細」を提出したら審査に通りました。
「正社員じゃない・雇用会社がない」この状態でも賃貸物件は契約できます!

ここからは一般的な賃貸物件を借りる→契約するという流れの説明です。

賃貸契約の流れ

まずは希望条件を洗い出しましょう。

エリア、部屋の広さ、間取り、トイレバス別、駅からの徒歩所要時間など。
SUUMOやアットホームなどで検索してみましょう。

家賃・初期費用を含めた総額予算

敷金礼金1、1の物件をご選定した場合、前家賃も含めて賃料の5-6ヵ月分程度。

初期費用

物件の仲介手数料は1ヶ月分が基本になります。
物件によっては半額〜無料に出来るところもあります。
「鍵交換、消毒、保険、保証会社」などの費用は管理会社によりますので、物件確定後に交渉をお願いしましょう。

賃貸契約の流れ

当日までに内見する物件を決めて「業者内見の手配→お迎え→内見開始」という流れになります。
11時‐16時くらいの間でしたら日当たりとか確認できてお勧めです。
鍵渡しの際に「認印(シャチハタ以外)・家賃引落口座の銀行届け出印・入居者全員分の住民票」を持参する必要があります。

フリーランス向け賃貸契約サービス紹介

Zuttomoはフリーランスの方でもスムーズに契約できるように、不動産会社と提携しています。
弊社従業員だけでなく多数フリーランスエンジニアへの物件紹介した実績もあります。

他のエージェントは居住環境まではなかなか面倒を見てくれないので、居住環境などが不安だという方はぜひご相談ください。

その際に「未経験フリーランスエンジニア.comを見た!」とお伝えください。

ルームプラス(板橋区役所前)

〒173-0013 東京都板橋区氷川町1−16 フロンティア氷川ビル2F

info@roomplus.tokyo

低価格賃貸ビレッジハウス

お部屋探しはこちら

賃貸チャットサービス会社

家AGENT+は、チャットで【お部屋探し】を行うサービスです。

忙しくお店に行く時間が無い、深夜ではないとお部屋探しが出来ない方にも安心、
夜中0時まで、即レスが返ってくる、お部屋探しのサービスです。

お部屋探しはこちら

シェアハウス

東京に家賃3万円~住める『シェアドアパートメント』
家具家電、調理道具・調味料、清掃サービス付き!!
敷金・礼金・仲介手数料0円!!

お部屋探しはこちら

引っ越し

お得に引越しするなら複数の会社に見積もりを出すのが大事です。
一括で見積もりをしてもらってお得に引越しをしましょう!

見積もり依頼はこちら

インターネット

docomo回線の繋がりやすさで選ぶなら!
☆☆☆シーモバイル☆☆☆

登録はこちら

Wi-Fiで家中ネット使い放題【SoftBank Air】

光回線を引くのが手間だなという方は家にルーターを設置するだけで簡単開通

登録はこちら

フリーランスの賃貸契約まとめ

  • 支払い履歴・証明するものを用意
  • 複数賃貸会社問い合わせ

今回はフリーランスになっても賃貸契約ができるという内容でした。
もし契約できないと言われた場合は掲載している会社でお部屋探しを検討してみてください!

フリーランスで就業先を探してる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です