SES企業がフリーランスエンジニアに向けた情報を発信!

所属メンバーの自己紹介<1人目~悩み多き自由人~>

今回から「Zuttomo所属メンバーの自己紹介」を始めたいと思います!

まず第一弾は“悩み多き自由人”ゆうたんさんです。
よろしくお願いします。

自己紹介・経歴紹介

はじめまして。フリーランスエンジニアのゆうたんです。
IT業界は3年目で、去年まで会社員として開発現場でシステム開発をしていました。
今年からフリーランスとして上流工程の仕事(コンサルタントやPMO)として働いています。

経歴詳細

私は数年前まで医療従事者として約9年間病院に勤務していました。
持っている資格は診療情報管理士と臨床工学技士です。
3年前に病院という閉鎖的な環境から飛び出したくなり、一念発起してIT業界に転職しました。

転職した後はSES会社に入職し、約2年間開発現場でSlerとして働きましたが、そこは決して「いい会社」とは言えないものでした。
「毎日大声で社訓を朗読」や「1日1回全社員の前でスピーチ」「上司と外食ランチ」をさも当たり前かのように強制され、
正社員でも「給料は安い」「ボーナスなし」「退職金なし」など世間一般でいうところのブラック企業だったと思います。
色々と思うところは多かったですが、この会社で働いたことによって「IT業界に必要なマナー」「エンジニア流世渡り方法」「IT業界の構造」など基礎的な事が身に付きました。
30代未経験で業界に入るきっかけを与えてくれた会社なので今はとても感謝しています

2020年の春頃は、コロナの流行で案件紹介がなくなり、手あたり次第フリーランスエージェントに登録、案件紹介を待つ日々でした。
登録後もコロナ禍で中々仕事を紹介してもらえず、自分から営業をかけたり、案件に応募したりと自分自身で動きまくっていました。

この頃が精神的にも金銭的にも人生で1番苦しい時期だったように思います。
夏から冬にかけては、春に動きまくった結果が少しずつ芽が出てきて、いくつかの案件に入って食いつないでいました。

現在の案件

現在はPMOとして上流工程の仕事をしています。
具体的には構想段階のシステム開発案をPPT資料にまとめてお客様との会議の材料にしたり、会議での意見を次の会議資料にまとめるなどサポートよりの仕事を担当しています。

開発の仕事も好きではありましたが、
・医療職で培ったコミュニケーション能力を活かすにはどうしたらよいか
・自分のスキルを活かせる仕事や向いていると仕事は何か
について代表と相談し、2021年からPMO業務を担当するようになりました。

お客様と会議を重ねながら良いサービスの原案を作ることや、それによって生まれる付加価値などを考えてまとめるのはこの仕事の面白いところです。
まだまだ未熟な点も多くありますが、少しでも多く喜んでもらえるように日々努力を重ねています。

フリーランスエンジニアをして良かったこと

私がとても大きなメリットとして感じている事は「出勤しなくて良い・出勤回数が少ない」ということです。
病院勤務やSES会社の頃は出勤が当たり前でしたが、今は必要時に出勤をするリモートワーク前提です。
出勤時間を有効活用できるのは身体的・精神的な負担が少なくとても快適です。

また、案件をある程度選べるのも大きなポイントです。
会社員だとやりたくないこともやらなければいけない時がありますが、フリーランスはそういったことが少ないです。
自分の特徴を生かすことも、やりたいこともできるのがフリーランスのいい所です。

税金・年金・保険など色々考えることも多いですが、振り込み額が増えるのもフリーランスで良かったと思えるポイントです。

私はフリーランスになって結果いろんなストレスが減り、とても満足しています。

フリーランスエンジニアになって苦労した事

今のところあまり苦労は感じていません。
苦労というより気になる点については、税金や保険や年金の事はいつも心配です。
税金に関してはMFクラウドなどの自動で計算してくれるソフトがあるのでそちらで日々の記録をしています。
上記の悩みに関しても何年もしていれば慣れてくると思うので今だけなのかなと思っています。

今後やりたい事

今後は今の仕事(PMOやコンサルタント)で一人で出来ることを増やしてお客様により良い提案が出来るようにスキルアップをしていきたいと考えています。
医療業界出身として、ITの力を使って医療従事者の事務仕事や日常業務の負担軽減ができるようなシステムの導入の支援や提案ができればいいなと考えています。
また、医療従事者がIT業界へ転職する際の力になることや、他業界からIT業界へ転職する人へのサポートができる仕事が出来れば良いなと思っています。

これからフリーランスエンジニアになりたい人へアドバイス

今、会社員としてエンジニアとして働いているけど不満があるというなら検討だけでもしてみるといいと思います。
特に自分でやりたい領域の仕事がある人や給与・待遇に不満がある人は改善されるかもしれません。
自分には無理だと思わずにエージェントに登録したり、話をしてみるといいと思います。

一方で今の会社や働き方に満足している場合はフリーランスのメリットよりデメリットが目立つかもしれません。
そういった方にはお勧め出来ない働き方となります。

まとめ

いかがでしたか?医療業界からIT業界へ思い切って転職してエンジニアになったゆうたんさんはIT業界でも異色の経歴の持ち主です。
医療とITの掛橋を担う一員として今後の飛躍に期待したいですね!

エンジニアとしてのこれからというタイミングでコロナ禍で案件が紹介されなくなったなど3年目にしてすでに波乱万丈ですが、これからは弊社で順風満帆に過ごしていければと思います。
弊社もゆうたんさんの今だけでなく、今後のキャリアや人生も含めてサポートしていきますので、これからもよろしくお願いします。

 

Zuttomoではインフラ/PM/コンサルタントなど様々な案件をご紹介できます。
一人一人のスキルにあった案件紹介と就業に関するサポートも他社に比べて充実しています。
「これからフリーランスになりたい」という方はこちら