SES企業がフリーランスエンジニアに向けた情報を発信!

所属メンバーの自己紹介<3人目~なりたてフリーランス~>

「Zuttomo所属メンバーの自己紹介」の第3回を始めたいと思います!

第三弾は”なりたてフリーランスのYOさん”です。

よろしくお願いします。

自己紹介・経歴紹介

はじめまして!
フリーランスエンジニアのYOと申します。
IT業界は4年目、今年の3月まで会社員としてシステムの保守運用業務に携わっていました。
4月からフリーランスエンジニアとして保守運用業務に携わり、現在はリーダー業務も行っております。

大学卒業後、大手不動産会社に営業職として入社しました。

当時は友人や家族、周りの人の評価を気にして、ネームバリューを軸に会社を選びました。
しかし「火水休みで友人とは休みが合わないこと」「社内の定時で帰れない雰囲気」「自転車でチラシのポスティングといったアルバイトのような業務」にストレスを感じ、
「大学を出てまで一体俺は何をやっているんだ…」と悩んだ末、2年も経たないうちに転職をしました。

2社目は「モノづくりに関わりたい」との思いから広告代理店に入社し、ディレクター業務に携わりました。

入社した後気づきましたが、この会社は所謂ブラック企業で朝まで働くこともザラにありました。
4年勤めている先輩が2日連続徹夜で働いているのを見ながら働くうちに「いずれはこの人みたいな働き方になるのか…」という不安が湧き、
その不安からか体調を崩すことも多くなり、「このままこの会社で働いていたら身体が持たない!」と退職を決意しました。

そこから4か月間アルバイトで食いつなぎながら、「次はどんな職種に就こうかな」と考えたときに初めてIT業界に進もうと思いました。
そう思った理由もかなり単純で「これからはITの時代だ。エンジニアとしての知識を持っているだけで食べていけるだろう」という考えから転職活動を始め、都内のIT企業に入社しました。

SESとして案件先で保守運用業務に2年ほど携わりましたが、収入面で不満が多く、「この会社で働き続けても未来はない」と感じ転職活動を始めました。
しかしスキル面でなかなか決まらず、転職は難航しました。
そのことを知り合いに相談したときに「フリーランスだったら可能性があること」「収入UPも見込めること」とZuttomoを紹介してもらい、
1か月ほどでフリーランスエンジニアになることができました。

現在の案件

現在は保守運用とその業務のリーダーをしております。
具体的にはシステムが想定通りに動いているか調査を行ったり、スケジュール管理、作業者への業務割り当て、社内の会議のファシリテートなどを行っております。

最初は作業者として案件に入ったのですが、
広告代理店で働いていた時に培ったコミュニケーションスキルやタスク管理の経験を活かして広い視野で業務のことを考えていた点や
配置転換のタイミングも重なり、4か月目にしてリーダーとして抜擢されました。

会社員としてエンジニアをしていた時の人材配置は年次やエンジニア経験に拠るところが主だったので、
このスピードでリーダーを経験できるのもフリーランスの利点だと思います。

Zuttomoを選んだ理由

Zuttomoを選んだ理由は、マイナス面もストレートに言ってくれたこと営業担当の方と近い距離で案件探しを進められたことです。
最初スキルシートを見せた時に自分でも自覚のあった部分でもある「スキル不足」について正直に伝えてくださり、
またその上で「何とかします」と言ってくれたことで、ここで頑張ってみようと決めました。

また細かい相談にも親身になって乗ってくれたのもありがたかったです。
Zuttomoでの他にはないサポートがあったからこそ、フリーランスになることができたと思っています。

フリーランスエンジニアをして良かったこと

最も良かった点は収入が増えたことです。
フリーランスエンジニアになったことで収入が前職の2倍になりました。
正社員転職も視野に入れて活動していましたが、それではいきなりこれだけの収入増は見込めませんでした。

他にも良かった点は「会社員」という縛りにとらわれなくなったことです。
これまでは「やる意味、守る意味あるんだろうか?」と思うような行事やルールが、私にとってはとてもストレスでした。
今では、「自分でなんでも決めなければいけない」という責任もありますが、逆になんでも自分で決められるんだと自由さを感じております。

フリーランスエンジニアになって苦労した事

なってからの苦労は今のところ特にないですが、なるまでの苦労はありました。
先ほど挙げましたが、会社員エンジニア時代のスキルレベルがあまり高くなかったことによって、面談をしても案件がなかなか決まらなかったことです。

ただZuttomoではエンジニア経験もフリーランス経験も長い方が手厚くサポートしてくださったこと、
案件先に強く推してくれたこともあり無事案件を決めることが出来ました。

今後やりたい事

今後はリーダーとしての経験を積んでいきながら、上流工程に携わっていき
マネジメントやコンサルティングなど、作業者としてだけではなく、より人との関わりの強い仕事に携わっていきたいです。

これからフリーランスエンジニアになりたい人へアドバイス

フリーランスになることはリスクだと思うかもしれません。
会社は守ってくれないので、自分で責任をとるしかありません。
だからこそ、そういった新しい環境に飛び込むことに少しでもわくわくや面白さを感じる人にとってはメリットしかない選択だと思います。

「なりたいけどまだスキルや経験年数が足りないから…」と不安に思っている方、今の生活や収入に不満がある方、スキル面でまだまだ足りないと悩んでいる方は是非Zuttomoに相談してみてください。

Zuttomoでは皆さんのような方を熱心にサポートしてくれます。
この記事を読んでちょっとでも気になったら、まずは相談してみることをお勧めします。
私がそうだったように、チャンスはここにあるかもしれません。

Zuttomoではインフラ/PM/コンサルタントなど様々な案件をご紹介できます。
一人一人のスキルにあった案件紹介と就業に関するサポートも他社に比べて充実しています。
「これからからフリーランスになりたい」という方は是非ご連絡ください。