SES企業がフリーランスエンジニアに向けた情報を発信!

フリーランス・独立したい方はエンジニアになるべき?

代表西です。今回は「将来稼ぎたいけど何をするべきかわからない」と言った相談が多かったので、職種適正などを含めて記載していこうと思います。
「エンジニアは稼げる!」と言っているYouTuberがいますが、こちらを読むことで認識齟齬をなくすことができます。

フリーランスと会社員

会社員は選ぶ会社によっては最高のメリットを得ることが出来ます。
「経験を積みながら給料がもらえる、スキルが身につく、周りに相談できる環境がある」と良いことづくしです。
デメリットは環境に「適さない、人間関係がうまくいかない」場合に酷い扱いを受けることがあります。
選ぶ会社によって人生が大きく変わってしまうので、自身の将来展望から逆算して間違わないようにする必要があります
それに対して、フリーランスは自分で仕事を取ってきて取捨選択する必要があります。
周りに相談できる環境はないため、トラブルが起こっても全て自分で解決しなければいけません。

フリーランスエンジニアの適正

エンジニアの仕事は技術職のため、一人親方のような働き方となります。
どれだけ頑張ってももらえる金額は一定のため、お金に執着が強い方は苦痛になってしまうことがあります。
また、一人で完結する仕事ではないため、必ずと言っていいほど周りの人間関係を円滑にする「空気を読む、察する、組織で上手く立ち回る」能力が必要になります。
エンジニアは仕事とプライベートのONOFF切り替えをしながら「長期的に安定して少しずつ稼げるスキルを身につけたい」方が向いてます。

フリーランスの営業

「営業→フリーランス→法人化」と一定の成果経験を積んでから進むのが一般的です。
一昔前は保険・通信系などの営業代理店ビジネスが多かったですが、近年だとweb広告営業が流行っています。
私個人的には、今現在だと「海外輸出向けのSNS・WEB広告営業」に就けば競合が少なく需要は高い印象があります。
エンジニア経験のある方ですと、技術経験を活かしたIT製品営業に就業すると他者と差別化を図ることができます。
「短期間で高収入を稼ぎたい!」と言った方は、自由度が高く成果によって収入が上がる営業が向いています。

フリーランスから会社経営

一般的な独立王道

  1. 特定業界の営業を行い、セールスノウハウを取得
  2. ​営業代理業として個人で独立、1000万程度稼げるようになり資金を潤沢にする​
  3. 社員雇用して自分の代わりに仕事が出来る人材を育てる
  4. 特定業界の顧客情報・市場心理に詳しい経験を活かして新サービス(製品)を開発

代表西の場合

  1. 法人営業・エンジニアとして就業後独立
  2. フリーランス時代、特定メールアドレス宛に案件情報送信を複数企業に依頼
  3. 毎日案件情報確認、相場感と企業求職者ニーズを把握
  4. フリーランスとして自身を営業して売る、複数現場就業
  5. 経験を元に実務教育資料作成、リーダー業務に適正ありのメンバーが集まる
  6. SES企業経営、並行して事業投資+転職支援事業開始

多数成功されてる経営者から聞いた内容、代表西の経緯を記載しました。

実務経験を積めば積むほど他者と差別化を図ることが出来、新規参入してくる他社にも負けないようになってきます。

従業員を雇用した会社経営となると「営業、マーケティング、税務、労務、人事」とマルチタスクを全てこなす必要があるので、24時間365日仕事のことを考える必要があります。

適正や現状を加味した上で最も良い方向性を提案させて頂きますので、転職希望者はコチラまでご連絡ください