SES企業がフリーランスエンジニアに向けた情報を発信!

SESエンジニアと自社開発

代表西です。今回はエンジニア系YouTuberが推している自社開発企業とSESでの適正などを説明していきたいと思います。
こちらを参考にして自分に合った就業先を見つけてもらえると嬉しいです。

SESエンジニアと自社サービス開発

SES

客先にて業務を行う派遣のような働き方です。会社間の契約内容が派遣or業務委託で少し変わって来ますが、広義にはIT企業社員として派遣されて就業するような形になります。

自社サービス

ITサービスを自社で展開している企業にて業務を行う働き方です例を挙げるとスマホアプリなどのWEBサービスを世の中に送り出すための仕事に就業するような形になります。

SESエンジニアのメリット

仕事を選べる

SES営業担当者の売り込む能力と案件理解度が高い場合、複数面談を設定して受かった現場から比較して仕事を自由に選ぶことが出来ます。

プライベート充実

SESの契約内容として事前情報から業務が決められており、過度な時間外労働や追加で異なった業務を依頼された場合は営業からクレームを出すことが出来ます。
営業が間に入ってサポートしてくれる会社であれば安心して就業することが出来ます。

能力<人間関係

こちらの記事にも書いていますが、SESの特性上人間関係が何よりも重要になっています。
そのため、長期的にスキルを身に付けて安定したい方はピッタリの働き方になります。

SESエンジニアに合わない事例

難関大学出身・高偏差値

SESはビジネスモデル上、1ヶ月の金額で就業契約する「人月単価」と呼ばれる形態を取っています。
そのため、どれだけ頭が良くて仕事スピードが早くても客先からもらえる金額は一定となりますので大幅な昇給は期待出来ません。
それに対して自社サービス会社は1人の優秀なエンジニアが複数人分の働きをすれば人件費が大幅に浮いて当然その分の報酬や待遇も良くなります。
「地頭や能力に自信のある方、フルスタックエンジニア希望、人間関係を合わせるのが苦手な方」は完全実力主義の自社サービス会社に就業した方が良いかもしれません。

短期的にお金を稼ぎたい方

こちらの記事に書いていますが「稼げるからエンジニアになる!」と言った方は苦痛になることがあります。
スキルと実務経験を積むことで収入が上がるビジネスモデルとなっているため、長期的な視点がない方は成果報酬制の営業に行った方が良いかもしれません。

人付き合いが苦手な方

SESは客先にとって外部の方複数人へプロジェクト支援メンバーとして依頼することになります。

周りと合わせることが苦手でチームの輪を乱したり、協調性がないタイプはプロジェクトを円滑に運ぶことができずに活躍することが厳しくなってしまいます。

「一人で黙々とやりたい、成果主義」の方はエンジニアではなく、結果が数値として目に見える形で現れる営業職をお勧めしております。

SESエンジニア弊社求人

株式会社Zuttomoはエンジニア1人1人の特性を見極め最適なプロジェクトを紹介します。将来のキャリア形成や充実したプライベートを送ってもらえるようにサポート体制も充実させています。

よくある案件を紹介したら終わりというタイプのSES企業ではなく、人生そのものをサポートしたいと考えています。
エンジニア出身の営業担当である社長自らが話を聞いて就業先を選定します。

IT業界でステップアップしていきたい方は是非ご相談ください。

弊社求人ページ → こちら