起業・フリーランスを目指す方に向けた情報を配信!

未経験からフリーランスエンジニアになるには?

こんにちは!未経験フリーランスエンジニア.com運営部です。
今日は未経験からフリーランスエンジニアになるための方法を弊社営業兼代表の西が解説致します。

未経験からフリーランスエンジニアになるには?

始めに

未経験者はエンジニアと言っても様々な種類があるため、まず自身の適性を判断していく必要があります。

こちらにも書いてる通り開発エンジニアはハードルが高く、ロジック構築をするので数学的な考え方の勉強が必要になります。

その点インフラエンジニアは初心者でも就業しやすいエンジニアとなっております。

男性は夜勤や残業が多いサーバエンジニア、女性はネットワーク関連のテクニカルサポート業務が仕事としては多くなります。

弊社事例

以前若手のエンジニア志望者が2名入ったのですが、2人共辞めてしまいました。

理由としては「インフラエンジニアではなく、開発者としてやっていきたい。」とのこと。

SES専門の会社だと、未経験者が開発実務経験を積んでいくのは難しくなってしまいます。

何故なら、客先企業が受け入れる人材として

「1年以上の開発経験」を求めることが圧倒的に多く、未経験者はテクニカルサポート系(インフラエンジニア)しか受け入れられないことが多い

からです。弊社では基本的にインフラエンジニア志望者&資格取得に意欲的なポテンシャルが高い方でないと未経験者は採らない方針でおります。

他社事例

世の中に出ている多くのIT下請け企業は自社内で2~3か月研修を終わらせた後「自社内受託・小規模製品開発・客先常駐」のいずれかにOJTで先輩と一緒に実務経験を積ませて、そこからは客先常駐へ促すのが一般的です。

会社の経営としては一年ほど新人の赤字投資期間になりますが、政府からの雇用助成金+SESの利益率と新人給料の低さを考えると2〜3年で充分回収出来ます。

中途で即戦力エンジニア採用となると「求人広告・人材紹介」に200~300万単位の費用がかかるので、会社としては自社で新人若手を複数人育てて客先常駐させるやり方が長期的に考えると利益率も高くて投資対効果が高くなります。

このような会社が一番入社しやすいですが、長期で働くと「市場価値の低い人材」となってしまうので、こちらの記事を参考にして2~3年実務を積んだ後は営業・キャリア提案力の強いSES会社or事業会社への転職が望ましいと言えます。

インフラエンジニア

開発エンジニアを目指されるのであれば大手企業に行って開発研修をしっかり受けることが望ましいですが、インフラエンジニア希望であれば弊社で「リーダーor技術者」として成長することが可能です。

向き不向きなどを見ますが、夜勤可能や現場近くへの引っ越しに対応可能な方だと採用しやすくなります。

下積みは大変ですが、最短スピードで成長させる方針で運営していますので、20代〜30代の方は是非応募してみてください。

今現在の市場観的に未経験者であれば独学でもCCNAを取得すると最も就業しやすくなります。

将来の方向性を固める

まずは自分が「リーダーになる or 技術者としてやっていく」どちらに進むかを最初に決めましょう。

リーダーを目指すのであれば、弊社のようなSES会社に入社して「インフラエンジニア→インフラリーダー→ITコンサルタント」とステップアップすることが可能です。

しかしながら、全くの未経験から開発者として頑張っていきたい場合だと、弊社のようなSES会社では開発実務経験を積むことが難しくなってしまいます。

そのため、開発希望者には「ある程度資金力のある企業で、開発研修やOJTを通して実務経験を2~3年ほど積む」方向で勧めております。

未経験からフリーランスエンジニアになるための会社選び

IT企業種類一覧

自社受託開発

メリット:自社内で就業するため、教育を受けるチャンスが多い

デメリット:受注した案件によって技術内容が都度異なるため、プロフェッショナルなキャリアを形成しにくい

自社サービス開発

メリット:自社で運用しているシステム製品・BtoCアプリサービス等、自分が関わったサービスを世の中に出す・広める等の楽しみがある

デメリット:既存のサービス改修・運用のみだと、大規模プロジェクトに携わることが難しい

SES受託開発

メリット:様々なIT企業へ出向して就業する形態になっており、良い就業先で数年働くとどこでも通用する価値の高い人材になることが可能

デメリット:SES現場経験や技術知識に乏しい営業担当の会社だとキャリア形成しにくい。

優先度高い会社

未経験者はSES専門の会社に入ることをあまりおすすめしません。

何故ならSES専門の会社は資金力が圧倒的に弱く、前述したように「開発研修やOJTを通して実務経験を積むことが出来ない」からです。

推奨するのは以下の条件を備えている会社です。

  • 資金力が圧倒的に強い(できれば上場企業)
  • 給料をもらいながら外部スクールなどで開発研修を3か月以上受けられる
  • Google広告を出していたり、売上のある自社製品がある

SES企業の場合

よく巷では「SESは派遣会社だし、どこの会社でも同じ!条件いいとこ選べ!」と書いてる記事が見受けられますよね。
これを見て「全くわかってないな。」と思わざるを得ません。

SES会社の営業マンに現場経験がなかったり、技術知識が乏しいとエンジニア自身が希望を伝えてもズレていたり話になりません。

また、現場の不満などを伝えても、客先にへりくだってしまう営業マンも数多くいます。

推奨するのは、下記4つが満たされているSES会社を選ぶことです。

  • 常駐経験があり、現場のことをしっかり理解した営業がサポートにいること
  • クライアント先に対して下手に出ない営業がいること
  • キャリアをしっかり考えた上で就業案件提案出来る営業がいること
  • 合わない就業先だった場合、嫌な顔せず違う現場もすぐに用意してくれる

未経験からフリーランスエンジニアになりやすい女性

企業からスキル面に加えて「女性限定求人」と言うものが存在します。

こちらは未経験からでも入りやすくなっているため、女性ならではの強みを生かして就業するとステップアップが可能になります。

事務系

PCのセットアップ、社内アカウント管理、ヘルプデスク業務などがあります。

こちらは若干ネットワーク関連知識が必要なため、上記にあるCCNAを取得すれば就業しやすくなります。

技術レベルはそこまで高くないため、実務経験or資格を求められることが多いです。

リーダー補佐

システムプロジェクト管理補佐の仕事になります。

主な仕事はExcel管理表作成、他部署調整メール対応などになります。

容姿端麗

非常に馬鹿げた求人内容ですが、上記2種類の求人内容に「容姿端麗な方!」と記載されることがあります。

客先担当者も「一緒に働くならキレイな女の子と働きたいよね。」と言った趣旨からこのような要望が来ます。

セクハラや飲み会強要などをされないためにも営業担当者に守ってもらう必要があります。

未経験からフリーランスエンジニアになる!弊社求人ページ

株式会社Zuttomoはエンジニア1人1人の特性を見極め最適なプロジェクトを紹介します。将来のキャリア形成や充実したプライベートを送ってもらえるようにサポート体制も充実させています。

よくある案件を紹介したら終わりというタイプのSES企業ではなく、人生そのものをサポートしたいと考えています。

IT業界でステップアップしていきたい方は是非ご相談ください。

弊社求人ページ → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。