起業・フリーランスを目指す方に向けた情報を配信!

フリーランスエンジニアのキャリアとスキルアップするには?

こんにちは!未経験フリーランスエンジニア.com運営部です。

フリーランスエンジニアをしているとキャリアについて不安や疑問がわいてくると思います。
例えば

Q.ずっとプログラマでいるのは厳しい….
Q.フリーランスにキャリアとか関係ある?
Q.20代〜30代なら問題なさそうだけど、40代以降になっても働ける? etc…

以下でキャリアについてまとめましたので、将来に不安を感じるフリーランスエンジニアは御覧いただけると幸いです。

フリーランスエンジニアのキャリア種類

フリーランスエンジニアのキャリア形成は以下の2種類に分かれます。

自分の適性からどちらに進むかを選択していただければと思います。

リーダー系

主な業務は報告資料作成や打ち合わせへの出席です。
技術リーダーの場合、手を動かすメンバーの手伝いをしたりもしますが、ITコンサルタントはシステム開発を一切行いません。(VBA使用はあります)
勤怠も厳しく、関係者の調整・折衝も大変ですが、50代になってからも需要のある仕事となっています。
もし貴方が人と関わることが好きで、チームでの仕事が好きなタイプであれば向いている可能性大です。

point

  • 主な業務は資料作成、打ち合わせ等
  • 人員の調整・やりとりが得意
  • 欠勤など勤怠はかなり厳しいため、自分のメンタル・フィジカルを客観視できる

特化型エンジニア

ネットワーク、インフラ、開発言語等様々な技術がありますが、一つの技術に絞り、その道のスペシャリストを特化型エンジニアといいます。
「色んな技術を触ってみたい、どんな技術にも対応出来るエンジニアになりたい!」
とフルスタックエンジニアを目指す方は多いですが、正直おすすめしません。

何故なら、企業からは
「特定技術、フレームワークに詳しいエンジニアが欲しい!」
と言った要望が多く、広く浅い経験は評価対象外となってしまうからです。

これは「COBOL、ネットワーク関連、Linux」などの比較的古いといわれる技術でも問題ありません。
現に50代の「COBOLエンジニア募集!」などの案件は未だに金融業界でありますし、古い技術でも一定の需要はあります。
一つの言語や技術、フレームワークなどを3年〜5年ほど経験すると、一部の企業から非常に求められる人材になれます。

特に今現場で特に求められている技術は以下です。

  • 特定言語開発、フレームワーク(java、php 等)
  • データベースチューニング、BIツール(SQL、tableau 等)
  • 特定サーバ設計、構築(Linux、AD 等)
  • ネットワーク設計、構築(CCNA 等)

世間ではフルスタックで出来るエンジニアすごい!ともてはやされがちですが、
技術特化型のエンジニアになる方が再現度も高く、最短ルートでキャリア形成を行えます。

フリーランスエンジニアの特化型キャリア

ここではエンジニアの種類、それに合わせた特化型キャリアを積むための事前対策を紹介します。
エンジニアは大まかに分けてインフラエンジニア、開発エンジニアの2種類があります。

インフラエンジニア

未経験初心者が最も就業しやすいエンジニアになっています。
下記に沿って資格取得&実務経験を積むと有利になります。

  • サーバエンジニア:AWSアーキテクトアソシエイトを取得して設計〜構築経験
  • ネットワークエンジニア:CCNAを取得して設計〜構築経験

開発エンジニア

資格よりも実務経験が重要視されるエンジニアとなっています。
ロジックを組む仕事のため、理数系大学出身だと有利になります。

  • データベース:SQLを使用した業務経験を積み、tableauを使用したDXコンサルになると更に市場評価が高くなる。
  • 業務・webアプリ開発:一つの言語、フレームワーク特化型の業務経験を積むと、その分野では市場価値が高くなる。
  • テスト・デバック:完成した成果物(プログラム)を仕様通りに動作しているか確認する最下流工程で単価が安いため、資料作成経験を積んでリーダー系を狙うのがベスト。

フリーランスエンジニアのリーダーキャリア

リーダー

エンジニアのリーダー職と言っても様々なリーダーがあります。
大規模なプロジェクト現場にはチーム毎に2〜3名ほどリーダーが配属されていることが多く、分類すると大体このように分けられます。

  • プロジェクト統括リーダー(ITコンサルタント)
  • 各部署リーダー

業務内容

プロジェクト統括リーダー(ITコンサルタント)

プロジェクトが終わるまで全体のフォローをしたり、各チームリーダーの橋渡しや責任者に報告するプロジェクト統括中間管理職がITコンサルタントとなります。

各部署技術リーダー(開発・テスト・運用保守・ネットワーク)

チームの役割を期日通り実行させ、都度状況報告するのが各部署チームリーダーとなります。どのリーダーも「進捗状況報告書、管理資料・クライアント提案資料」などドキュメント作成を行い、メンバーへの指示出しがメイン業務となります。

フリーランスエンジニアのリーダーキャリアで得られるスキル

マルチタスク・ドキュメント作成

リーダー業務を経験することにより、広い視点で物事を考えることが出来る様になります。

例えば新規事業を立ち上げる際には「予算、市場規模、スケジュール、業務フロー設計、チーム構築」などが思い浮かびます。

これらを段取り良く資料まとめて依頼したり、物事をスムーズに遂行することが出来るようになります。

「他者から見てもわかりやすい資料を作る説明能力」はどんな仕事でも応用可能なスキルといえます。

折衝・調整力

どのリーダーも納期などのプレッシャー、上層部やメンバーとのやりとり発生によるジレンマやストレスがかかってしまいます。

大規模なプロジェクトだと数年単位で行われ、何百人と関係者が存在するので調整するのに苦労することも少なくありません。

経験を重ねていくうちに「こうやって進めていったほうが効率的」といったことがわかるようになってきます。

フリーランスエンジニアのキャリアとスキルアップ

若いうちからキャリア形成を!

重要なのは将来の方向性を予め定め、企業から求められる人材になる実務経験を積むことです。 これは若い内に動かないとチャンスが確実に無くなっていきます。 前述したような技術特化型を目指していない場合SESでは選考に受かりづらく、賃金も思うように上がらない状態になりかねません。

オフショア開発が進む→技術が低いエンジニアは生き残れない

今後オフショア開発(海外委託による安価な開発)も益々進んでいくため、特定技術分野に精通していないエンジニアの価値は著しく低くなっていきます。このような事実があるため、リーダー職が向いていないようであれば技術特化型エンジニアを目指すよう推奨しています。

これまでの経験を活かす

弊社では前職で医療系従事者として働き、30歳未経験からエンジニアになった方がいます。今現在は「前職+エンジニア」経験を組み合わせて医療系ITコンサルとして就業しております。このような特化型キャリアの道筋を作ると他者と差別化を図ることが出来ます。

市場価値から自身の立ち位置を考える

労働市場では30歳〜40歳が最も価値が高く、40歳以上になると需要は衰退していきます。そのため、市場価値に沿ったキャリアを積む必要があります。

就業実績を積む

40~50代以上の場合は就業したプロジェクトで現場担当者と仲良くなることで仕事を振ってもらいやすくなります。過去にいたケースとしては60歳くらいの方でも就業していくうちに顧客に気に入られて別のプロジェクトでも仕事を獲得する方法を取っていました。他には官公庁系などの長期プロジェクトに参画して定年まで就業するやり方などもあります。

フリーランスエンジニアでキャリアを積むには?

自分がどんな仕事が向いているのか?
今後どんな働き方がしたいのか?

これらを考えた上で適性や希望を見極めながら判断していく必要があります。

株式会社Zuttomoはエンジニア1人1人の特性を見極め最適なプロジェクトを紹介します。将来のキャリア形成や充実したプライベートを送ってもらえるようにサポート体制も充実させています。

よくある案件を紹介したら終わりというタイプのSES企業ではなく、人生そのものをサポートしたいと考えています。

IT業界でステップアップしていきたい方は是非ご相談ください。

弊社求人ページ → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。